handy

”アナログとデジタルを組み合わせて、
すべての仕事を
「handy」 に”

“handy”という言葉には、
「手軽に」「身近に」という意味があります。
私たちHANDYDIGITALは、
”アナログな思考”と”デジタルな技術”
を組み合わせることによって
すべての仕事が皆様にとって”handy(手軽に)”になることを、
HANDYDIGITALを"handy(身近に)"に感じていただけることを目指してきました。
これからも、皆様とのコミュニケーションを密に取り続けながら、
最先端の技術でご提案し、常に一歩先の未来を見据えていきます。

AI Casting Logo

“AI Casting System® とは?”

約2.2万人のタレントプロフィールデータが搭載されており、
そのデータベースを簡単かつ瞬時に検索出来るシステムです。
広告・PR会社、エンタメ企業、各種メディア
あるいはマーケティング活動をされるクライアント様にとっては、
タレントをキャスティングする際に、
時間的コストを要する初動のリストアップ時間を大幅に短縮( 従来の300倍以上 )
することで、効率的なクリエイティブ作業に移行することができます。
一方、芸能事務所(タレント)にとっては、
広告・PR会社/エンタメ企業/各種メディアに対しての
営業活動が従来はアナログ的なアプローチのみでしたが、
このシステムを利用することで、
“いつでも瞬時に一律的かつ全方位的に”
自社のタレント情報を拡散することができ、営業効率の大幅アップが可能となります。

※既に、大手広告会社の営業職やクリエイター職の多くのみなさまに使用頂いております

画期的な業務フロー
詳細はこちら

【NFTsection】


“HANDYDIGITALが進めるNFT事業とは? ”

NFTは新しいマーケティング手段として注目されています。
NFTによって商品や企業は顧客とこれまでよりも強いつながりを構築していくことができます。
例えば
ある商品に関わるNFTを発行することで、そのNFTが会員証の役割を果たします。
さらにNFTの保有者をターゲットに、メッセージや特典を送ったり、
イベントへの招待をするといったマーケティング活動につなげることができ、
顧客との接点をより多く・深く持てる手段として活用することができます。
我々は未来には「飲料ブランドやファッションブランド、
そして一企業にもタレントのようにファンクラブのようなものができる」と考え、
NFTを活用したファンコミュニティの運営や、
NFTを活用したマーケティング活動のコンサルティング事業を進めています。

活動実績

絵師コレクション

現在は電通グループと共同でNFTをデジタル会員証として活用し、
イラストレーターのファンコミュニティをつくっていく実証実験「絵師コレクション」に取り組んでおります。

詳細は下記プレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000065681.html

ご興味がある方は、
担当:稲岡(shoma@handydigital.net)までお問合せいただけますと幸いです。

稲岡まで連絡

1分でわかる「NFT」とは?

Non-Fungible-Tokenの略で意味としては、
「複製・改ざんがほぼ不可能な鑑定書つきのデジタルデータ」
となります。

NFTが出てくるまで、
デジタルデータ(画像や映像、音楽など)はコピーが容易であり、
コピーされると元のデータとコピー後のデータの区別がつかないため、
デジタルデータには価値がつきませんでした。

例えば、
SNSで公開した自作イラストを、
誰かに勝手に画像をコピーされても
画像データの区別が出来ないので「これは私のオリジナルイラストだ!」
と証明することが非常に困難でした。

しかし、
ブロックチェーン技術により、
NFTという新たなデジタルデータの形式が生まれました。

NFTは、
「複製・改ざんがほぼ不可能な鑑定書つきのデジタルデータ」ですので、

例えば、
自分の書いたイラストをNFTにすることで、
「世界に1枚しかないオリジナルのイラストデータ」
ということを証明できます。

そのため、
デジタルデータにも希少性という概念が生まれ、
モナリザなどの名絵画と同様に、
デジタルデータにも価値が付くようになりました。

そうして、
価値が付くようになったNFTが、
デジタルアートとして、
世界に広がっていきました。

現在は、
デジタルアートとしての側面だけではなく、
NFTの特徴を利用して、
マーケティングやファンコミニュティといった、
人と人をつなげて活性化していく方法としての
NFTに注目が集まっています。

【SUSTAINABLEsection】


HANDY DIGITAL流
SUSTAINABLE活動!


NYのBrooklyn Beauty / Fashion Laboとの提携
「サステイナブルな人」をクリエイターとしてプロデュース。種々の活動や海外展開をサポートします!
伝統芸能・工芸、暮らしの知恵、地域協力など、日本はもともとサステイナブルが得意な国。
ハンディデジタルでは、「サステイナブルな人」をクリエイターとして、種々の活動や海外展開をプロデュース、サポートします。
また、提携パートナーであるNYのBrooklyn Beauty/Fashion Laboと協働で未来を共創するプラットフォームを整備していきます。
まずは、デジタルメディアを運営し、日本各地のサステナブルな人・もの・コトを英語・日本語で情報発信していきます。
将来的にはオンライン・オフラインコミュニティを形成する共創メディアを目指します。

「Brooklyn Beauty/Fashion Labo」とは?

ブルックリンを拠点に日米及び世界に通用するライフスタイルブランド:
Brooklyn Beauty/Fashion Labo (BBFL)を展開し、
半歩先のサステイナブルライフをご提案していきます。

ご興味がある方は、
担当:松田(yuho@handydigital.net)までお問合せいただけますと幸いです。

松田まで連絡

企業のみなさまへ

導入企業さま

 Logo
 Logo
 Logo
DD Logo
dej Logo
dej Logo
dmc Logo
goldcast Logo
skalyLogo
handy Logo
syncro Logo
dof Logo
kayac Logo
keikotokyo Logo
shinohara Logo
keypro Logo
soda Logo
soda Logo

MEMBER

代表取締役社長 /
コミュニケーション戦略
プロデューサー
大杉陽太 コメント

世の中が総デジタル化時代に突入してもう随分久しい中、更にコロナウィルスな世界も経験し、
典型的なアナログ先行社会だったエンタメ業界でさえ、さすがにその流れに抗えなくなりました。
そのような中、
タレントキャスティングが必要なあらゆる企業様が芸能事務所様に対してアプローチする際に、
従来のアナログ手法とは違う、もっと効率的な方法を提供出来ないものか?
あるいはその逆で、
芸能事務所様側からクライアント様側に営業する際、圧倒的に効率的なシステムを提案する
ことは出来ないものか??
このシンプルな双方の疑問に答えるべく、我々は「AI Casting System®」を開発運営しております。
開発を始めてから2023年現在で約5年が経ちました。
お陰様でこの間、120社以上の芸能事務所様と連携することが実現し、また媒体社様や広告会社様
を含め、キャスティングを必要とするあらゆるジャンルの企業様に導入頂けるまでになり、
みなさまのお役に少しでも立てているのであれば、こんなに嬉しいことはございません。
今後も益々その輪を広げるべく、引き続き開発に邁進する所存でございます。

【大杉 陽太 経歴】

1972年
東京都生まれ
1996年
東京大学薬学部 卒業
1998年
東京大学大学院
薬学系研究科修士課程 修了
1998-2014年
株式会社電通 在籍
2014年~
株式会社ハンディ 設立

株式会社電通在籍時は、約16年間一貫して制作のプロデュース業務に従事する。
現在はキャスティングプロデュース業の他に、コンテンツプロデュース領域も手掛けており、特に「サーフィン日本代表」等スポーツコンテンツを中心にプロデュースを行っている。

取締役 /
クリエイティブディレクター 
篠原誠 コメント

広告に限らず、様々な企画にとって、
キャスティングは、その企画自体と同様にとても大切な部分。
にもかかわらず、キャスティングには、確認作業も含めどうしても手間と時間がかかってしまい、
結果、おざなりになりがちです。
かと言って、ここに時間をかけてしまうと、企画自体に時間をかけることができなくなってしまいます。
この問題を解決するには、二つのポイントがあります。
一つは、膨大なデータベースから自分が望む条件のキャストを簡単にスピーディに検索できること。
もう一つは、その情報自体が、リアルタイムなもの。つまり最新情報で構成されていることです。
「AI Casting System®」はこの二つのポイントを満たしています。
結果、クリエイティブのクオリティアップが実現します。
きっと企画をしている人なら、とても便利なツールであることがご理解いただけるはずです。
「AI Casting System®」を通じて、広告に限らず、
全ての制作者たちにより良いクリエイティブ環境を提供する一助になることを願っています。

【篠原 誠 経歴】

1972年
三重県生まれ
1995年
一橋大学商学部 卒業
1995-2018年
株式会社電通 在籍
2018年~
株式会社篠原誠事務所 設立
(代表取締役CEO)

CM好感度ランキングで1位を獲得し続けるau「三太郎シリーズ」をはじめ、 UQ 、家庭教師のトライ、トヨタイムズ、一番搾り、アタックゼロ、エステー、湖池屋など数多くの広告を手掛ける。 auのCMソング「海の声」「みんながみんな英雄」「やってみよう」「見たこともない景色」では作詞も担当。 「2015年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」受賞。他にも、TCCグランプリ、ACCグランプリなど多数受賞。メディアにとらわれない360度展開のコミュニケーション構築を得意とする。

取締役/CMO 
松田友穂 コメント

ハンディデジタルで目指したいことは、
「多面的な才能」とクライアント様の「課題」との「スピードある適正マッチング」です。
タレント・アーティスト・モデルのみなさまの「才能の多面性」を生かすこと、
ユニークでありながらユニバーサルに支持される人材育成=「才能を育てる」場を
キャスティングを通じて提供することです。
そのために、エンタメニュース、SNS分析、データ分析、WEB3.0など専門領域の会社さま・皆さまとのアライアンスを強化・推進していきます。
一歩先を行く可能性の余白とスピードをもった角度の高い情報の両軸両ドリを実現させます。
また、サステナブル事業も推進します。
2022年よりNYのBrooklyn Beauty Fashion/Laboさまと提携をし、 サステナブルな人・商品・体験のコラボレーションを開始します。

【松田友穂 経歴】

1975年生まれ
1998年
清泉女子大学 卒業
1998-2018年
株式会社電通 在籍
2018-2020年
株式会社ファミリーマート 在籍
2020年~
株式会社ハンディデジタルに参画

株式会社電通時代(新聞局→営業)の20年間、一貫して映画をはじめとするエンターテインメント業種に従事。2018年春より、株式会社ファミリーマートにて、販促・マーケティング部に着任し統合マーケティングの実行を推進。根っからのエンタメ・食べることラバー。

プロダクトマネージャー/開発本部長 
稲岡翔馬

【稲岡翔馬 経歴】

1990年生まれ
2015年
信州大学 繊維学部修士課程 修了
2015-2017年
株式会社NECソリューションイノベータ 在籍
2017-2020年
株式会社ハンディ 在籍 ※タレントキャスティング業に従事
2020年~
株式会社ハンディデジタルに参画

株式会社NECソリューションイノベータ時代は、SEとして消防防災事業をはじめとする社会インフラ業種に従事。
2017年春より、株式会社ハンディにて、タレントキャスティング業を担当し、多くのタレントCMに関わる。
2020年より株式会社ハンディデジタルにて、タレントキャスティングとSEの経験から、AI Casting System®の設計・開発を行っている。

ABOUT US

会社概要

会社名
株式会社ハンディデジタル
代表取締役社長
大杉陽太 (プロフィール)
取締役
池澤 響
取締役
篠原 誠 (プロフィール)
取締役/CMO
松田友穂 (プロフィール)
所在地
東京都渋谷区渋谷2-8-12
ラ・グリスィーヌ2階
TEL
03-6805-0510
FAX
03-6805-0468
資本金
1億円
事業内容
タレントキャスティング
プラットフォーム
ホームページ
https://handydigital.net/
株式会社Handyの地図 Google Mapで見る

CONTACT

AI Casting System®に関するご質問、タレントキャスティングに関してのご相談など、 是非、お気軽にお問合せください。
※芸能事務所様における本システムのご利用に関して、データベースの品質向上を目的に、簡単な審査がございますので、大変恐縮ですが予めご了承ください。

    • ファイルを選択

    • ファイルを選択

    • ファイルを選択

    ※添付ファイルの容量にご注意下さい。5MB以上のファイルはご送付できません。

    情報セキュリティ基本方針

    security_action Logo

    株式会社HANDYDIGITAL(以下、当社)は、当社の情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、
    お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。

    1.経営者の責任
    当社は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

    2.社内体制の整備
    当社は、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

    3.従業員の取組み
    当社の従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

    4.法令及び契約上の要求事項の遵守
    当社は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。

    5.違反及び事故への対応
    当社は、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。



    制定日:2022年10月3日
    株式会社HANDYDIGITAL
    代表取締役社長 大杉陽太